木造建築.com
こだわり大工の造る家 株式会社 岩木建築 東京都八王子市戸吹町511番地 TEL:042-691-8300

こだわり大工の造る家 岩木建築

リフォーム
2019.02.04
柱交換


本堂の柱交換です。

予め、作業場にてある程度加工していますが

実際現場から外してきて、最終の加工を行います。


今日は、現場まで柱を外しに行きます。

僕は行きませんが・・・(*^-^*)

大工さん任せです。


ジャッキで上げておき、作業場で加工後

今週中に持っていき取付する予定です。

作業場ではあらかじめ出来るところは加工しておきました。
あとは、ノミやカンナで仕上げていきます。

ジャッキで上げていくと少しずつ隙間が空いていきます。
あんまり上げすぎると、当たり前に折れちゃうので慎重に作業します。

作業場では、他の現場の加工も行っています。
これは、外部門の加工です。
既存の柱を再利用しての加工です。

2019.01.22
内装工事


川崎市の現場では、古家大工と紺屋大工で本堂・客殿内部の造作中です。


作業場で加工してきた材料を取付けていきます。

紺屋大工は本堂中心の部屋の材料を取付てその後

左官屋さんの下地を造っていきます。


古家大工は客殿と本堂の入り口建具の枠材を設置しています。

改修工事では、元からの材料も有り、多少反りがあったりするため

微調整しながらの取付に手間が掛かります。

でもこの調整が仕上がりに影響するので、とても大切なんですよ。☆彡

古家大工は建具枠の取付け中です。
ノミで微調整しながら取付けていきます。(^_^)

デッドスペ-スも収納にしました。
建具を付ければ完成です。

天井の板も新規に張り替えました。
壁を左官屋さんが仕上げて完成です。

2019.01.11
小屋解体


地元の本堂改修現場です。

木下大工と武原大工が作業してます。


小屋組は全て解体して、使用できる箇所のみ残して新規に組上げていきます。

隅木も腐食している箇所があるので、取り外して新規に加工・取付けていく予定です。

この本堂は約300年前に建てられた本堂のため、当時の加工など見れて勉強にもなりますね(^_^)


梁も一部 長年の経過で下がっている部分もあるため、ジャッキで上げて補修します。

隅の木材が下がっているので、ジャッキで上げて補修します。

1箇所に力が掛からないように、3箇所ですこしずつ様子を見ながらの作業です。

小屋梁も腐食している箇所があった為、交換しながらの作業になります。

2019.05.14
これはふ卵器2号です。自動で湿度も調整します。一般的に鶏の卵は21日で孵化するのですが・・・