木造建築.com
こだわり大工の造る家 株式会社 岩木建築 東京都八王子市戸吹町511番地 TEL:042-691-8300

こだわり大工の造る家 岩木建築

家づくり
2017.12.03
下屋部分建て方


日曜日ですが、建て方には日もいいので、みんなに休日出勤してもらい

建て方を行いました。


最近は歳もあって棟梁は現場には行かない事が多いのですが

地元という事もあり、率先して作業にあたっています。


午前中には骨組みは、ほとんど完了して午後から屋根の下地を造作します。

20代若手3人衆が屋根に上って作業しています。(^^)
古家大工は下からの応援部隊です。

杉並の改修現場では、新規に鴨居と敷居を取り付けて、障子の建具を取り付けます。
明り取りに欄間を付けますが、今まであった物を再利用する予定です。

2階廊下部分は、建具からの採光も有り、昼間でもかなり明るくなっています。

2017.11.25
地鎮祭


先日地鎮祭を執り行いました。


地元での改修工事ですが、築90年ぐらい?の母屋を一部取り壊して

再度造り替えます。

地面をいじるので、地鎮祭を施主さんと一緒におはらいしてもらいました。

高さ関係は、既存に合わせるため、実測して加工しました。


この後基礎工事に入り、建て方取り付けし、新たに耐震補強も行います。

解体した材料は全て処分するのではなく、新たに加工して再度構造材として使用します。

沢山地元の松材が使われていました。

こちらの現場は、住みながらの工事の為一部造りながら、改修工事を進めいていってます。(^_^)

平屋部分を一部解体して、新規に基礎を造り、2階屋部分と繋いで
いき、全体的に補強します。

平屋部分は、一部重機を使い解体しました。
解体した、材料は、古いだけに、ほとんど木材ばかりでしたね。

2017.11.24
和室造作中


久しぶりの投稿です(^_^;)


年末に向けて現場の方もいよいよ忙しくなってきました。

なんか毎年忙しくなっているのは、段取りが悪いせいかも・・・


現場から帰ってきて作業場で和室の材料の加工をしました。

新規柱を、幸希君がカンナで仕上げてます。

古家は、鴨居の加工をしています。

改修工事で全て新規に材料を取り付けるわけではないのですが

古い材料を再加工して取り付けたり、結構複雑なんです。

以前あった、火灯模様の枠材を新しくデザインとして採用しています。
壁の一部に取り付けて、壁の色も変える予定です。

古家が和室の鴨居を加工しています。
桧材を使用して、現場で取り付けます。

床柱を少し移動しました。
なので、長押も以前あった物を再加工して取り付けます。

1 2 3 38
2017.09.24
うちの会社の工場と事務所は、神社の参道の隣にあります。(笑) 神社の歴史は古いらしく、建物もい