木造建築.com
こだわり大工の造る家 株式会社 岩木建築 東京都八王子市戸吹町511番地 TEL:042-691-8300

こだわり大工の造る家 岩木建築

リフォーム
2019.10.18
外壁改修


都内で知人から紹介され、外壁の改修工事を行っています。

築20年ほどの住宅なのですが・・・1階外壁のサイディングが剥がれかかっていたので

もしかしたら、構造材が腐食しているかもって?

話していたら案の定、かなり腐食していました。

パネル工法の住宅メ-カ-が建築したとのことでしたが

原因は外部からの雨水、あとは外壁面の結露による腐食だと思われます。


幸いシロアリの発生はありませんでしたが、構造部は一番重要な個所なので

腐食部分を取り除いてから交換します。


今後の対策は、断熱材を設置し外壁面に有効な通気を確保して施工する予定です。

サッシ横の木材は腐食して素手でボロボロ取れるくらいの状態になっていました。( ;∀;)

断熱材・通気を確保してから、外壁材で仕上げていきます。
まだ進行がひどくなる前に分かって良かったと思います。

この桧の板は、紺屋大工の現場でカウンタ-に使用します。
今日作業場に搬入されてきました。☆彡

2019.06.22
新規屋根改修


新しく本堂改修工事が始まりました。

今回は、木下大工他、橋本君、坂井君の担当です。

先週から泊まり込みで、作業開始しました。



今回の現場は、茨木県なのです。

たまに、地方の現場も有り、地元を離れての作業ですが・・・

みんな文句も言わずに頑張ってくれるので、本当に助かります。(;'∀')


早速解体すると、腐食部分が出てきたので交換です。

でもシロアリなどは発生してないので、部分的な交換で済みそうなので

ほっとしました。



お寺などでも住宅と同じで定期的なメンテナンスは絶対必要なんです。

だから何百年と維持できてるんです。

新しく木材を加工しています。
写真で見ると分かりにくいかもしれませんが
少し反って加工していますよ。(^^

腐食部分は部分的にカットして繋げていきます。
強度も大事ですが・・・
耐久性の方が大事なことが多いんです。実は

これから、仕上げていきますが、下地は非常に大切です。
出来上がると見えなくなる部分がとても大事です。
長持ちする建物は見えない部分が一番大切なのです。☆彡

2019.05.17
本堂改修(^_^


本堂改修工事の現場です。☆彡

現場では、新規に唐破風部分が造られていました。

大工さん達は内部の加工に入っています。

今日は、職人さんと空調の打ち合わせも兼ねて行ってきました。


板金工事もかなり進んでいたので

もう少しで完成に近づいています。

内部では、木下大工や橋本君、坂井君、高岡君など

みんな頑張っています。

坂井君は天井部分の造作中です。
失敗できないので、真剣です。

橋本君は、化粧材の加工中です。
曲線部分の加工をしています。

虹梁の梁も上手に加工されていました。

1 2 3 56
2019.11.21
大阪にて、勉強会のあとみんなで忘年会に。 27階からの眺めはいい感じでしたー その後は恒例の二