木造建築.com
こだわり大工の造る家 株式会社 岩木建築 東京都八王子市戸吹町511番地 TEL:042-691-8300

こだわり大工の造る家 岩木建築

寺社建築
2018.06.22
内部造作


屋根の木工事は、ほぼ完成して板金屋さんの仕上げに入りました。


内部では、工場で加工してきた材料にて、現場で寸法を合わせて

取り付けていきます。

改修工事では、もともと長い年月で構造材に狂いが生じていたりする為

現場で大工さんが傾き等に合わせながら、取り付けていく為

時間はかかってしまいますね。(^_^;)


木下大工を中心に若い大工さんが頑張っています。

本堂内部に材料を置いて、必要な材料の長さ等加工しながら
取り付けていきます。

材料を取り付ける前に坂井君が
柱に切り込みの加工を施しています。

橋本君も柱に加工をしていきます。(^_^
微妙な加工もあり気が抜けません!!

2018.06.04
寺紋補修


本堂屋根の紋章の補修で棟まで登りました。


私高所恐怖症なんで・・・(笑)

かなり怖かったです。

武原大工はさすが慣れた感じで、スイスイ作業していましたが


木材ではしごを造り、足場も作っての作業です。

全部で6か所あるので、作業内容の割には、結構時間は掛るんですよ~☆

足場から梯子を造り、その上にさらに足場を造っての
作業になります。
上から見るとさらに高く感じます。

地上からは、鋼製の足場を組んで
転倒防止の処理も行います。
もちろん全面足場を組むのがいいのですが・・・
費用が莫大になってしまうので
でも安全第一ですけど。

木製の梯子の上に簡易的に作業のための足場を設置しました。

2018.05.21
本堂躯体工事


調布の現場では、本堂内部の工事に入っています。


大引きに丸太を使用しているので、歩きやすいです。

スケルトンの状態から、下地を造っていて、今は工場加工組と現場施工組に

分かれての作業☆



一部柱を抜いて、新規に梁を入れました。

現在は小屋組みも丸見えですので、傷んでいるところは、補修していきます。

小屋組みです。(^_^
丸太がたくさん組んであって、本堂の屋根を支えています。

休憩所の脇では大工さんの簡易研ぎ場があります。
ここで、刃物を研いでいます。

一部柱を抜いて、梁で補強しました。
新しい材料は色が違うので、一目ですぐ分かります。

1 2 3 35
2018.06.22
先日の大阪の地震ではブロックの下敷きになり亡くなられたニュ-スが流されていますが建物の耐震診断