木造建築.com
こだわり大工の造る家 株式会社 岩木建築 東京都八王子市戸吹町511番地 TEL:042-691-8300

こだわり大工の造る家 岩木建築

寺社建築
2017.11.24
和室造作中


久しぶりの投稿です(^_^;)


年末に向けて現場の方もいよいよ忙しくなってきました。

なんか毎年忙しくなっているのは、段取りが悪いせいかも・・・


現場から帰ってきて作業場で和室の材料の加工をしました。

新規柱を、幸希君がカンナで仕上げてます。

古家は、鴨居の加工をしています。

改修工事で全て新規に材料を取り付けるわけではないのですが

古い材料を再加工して取り付けたり、結構複雑なんです。

以前あった、火灯模様の枠材を新しくデザインとして採用しています。
壁の一部に取り付けて、壁の色も変える予定です。

古家が和室の鴨居を加工しています。
桧材を使用して、現場で取り付けます。

床柱を少し移動しました。
なので、長押も以前あった物を再加工して取り付けます。

2017.10.25
雨(^_^;)


客殿改修工事では1階の土間コンクリ-ト打設後

荒床の造作に入りました。

鋼製束の上に大引きという材料を敷き込み、根太材を取り付けて

床の下地を造っていきます。


この後断熱材を敷き詰めて、荒床を造っていきます。


最近はず---っと雨ばかりなので、全然外の仕事ができません!!


今週末も台風が来そうだし、


早く晴れた日が続かないかな~?って思います。


台東区の現場では、大工工事がほぼ終わり、後は仕上げです。

お寺で使用する、生花や花瓶を洗ったりするので
深さがあるシンクを探していましたら
ステンレス製でようやく寸法に合うものが見つかり取り付けました。
カウンタ-は切り抜いて壁に収めました。
あとは水栓を取り付けます。

津本大工の現場では、下地の工事はほとんど完了しました。
この後は内装屋さんに仕上げてもらい、最後に照明器具や設備などを
取り付けていきます。(^_^

古家大工の現場では、土間のコンクリ-トを打設後
床を均しました。
なるべく平らになるように、何度も押さえて仕上げていきます。

2017.09.30
作業場にて加工中☆


久しぶりに棟梁が作業場で加工を始めました。(^^)


最近は畑仕事が忙しくて(笑)なかなか、作業場で大工仕事をする機会が少なくなり

ましたが、近所の知り合いの方の仕事は、積極的にやりたがりますので

お任せするようにしています。



今年で75歳になりますが、まだまだ現役で若い者には負けないという感じです。

墨付けして、一人でコツコツ刻み始めます。


前から作業場に有った、丸太を持ち出して、部分的に使うみたいです。

この現場は住宅なのですが、結構大掛かりな改修工事になります。


建て方の際は、若い大工さん達も応援に行くようかな?(^^)

作業場の外で丸太を削り始めました。
一皮剥くとかなり綺麗になります。
何年か乾燥させていた材料なので水分も抜けて思ったより軽くなりました。
でも一人じゃ思いですけどね。(^_^;)

客殿改修現場では、基礎の補強中です。
鉄筋を新規に組んでコンクリ-トを打設します。

橋本君が頭の(基礎屋さん)手伝いをしています。
他の職人の仕事を知る事も全体の流れを把握するには、大切なことです。
いつか自分で多くの職方さんに指示することがあるかもしれませんから・・・(^^)

1 2 3 32
2017.09.24
うちの会社の工場と事務所は、神社の参道の隣にあります。(笑) 神社の歴史は古いらしく、建物もい