木造建築.com
こだわり大工の造る家 株式会社 岩木建築 東京都八王子市戸吹町511番地 TEL:042-691-8300

こだわり大工の造る家 岩木建築

2019.01.22
内装工事


川崎市の現場では、古家大工と紺屋大工で本堂・客殿内部の造作中です。


作業場で加工してきた材料を取付けていきます。

紺屋大工は本堂中心の部屋の材料を取付てその後

左官屋さんの下地を造っていきます。


古家大工は客殿と本堂の入り口建具の枠材を設置しています。

改修工事では、元からの材料も有り、多少反りがあったりするため

微調整しながらの取付に手間が掛かります。

でもこの調整が仕上がりに影響するので、とても大切なんですよ。☆彡

古家大工は建具枠の取付け中です。
ノミで微調整しながら取付けていきます。(^_^)

デッドスペ-スも収納にしました。
建具を付ければ完成です。

天井の板も新規に張り替えました。
壁を左官屋さんが仕上げて完成です。

2019.01.11
小屋解体


地元の本堂改修現場です。

木下大工と武原大工が作業してます。


小屋組は全て解体して、使用できる箇所のみ残して新規に組上げていきます。

隅木も腐食している箇所があるので、取り外して新規に加工・取付けていく予定です。

この本堂は約300年前に建てられた本堂のため、当時の加工など見れて勉強にもなりますね(^_^)


梁も一部 長年の経過で下がっている部分もあるため、ジャッキで上げて補修します。

隅の木材が下がっているので、ジャッキで上げて補修します。

1箇所に力が掛からないように、3箇所ですこしずつ様子を見ながらの作業です。

小屋梁も腐食している箇所があった為、交換しながらの作業になります。

2018.12.19
内部造作


客殿・本堂改修工事中です。☆彡


津本大工が和室の出窓部分を加工中です。

壁の仕上は漆喰塗りです。

天井は板張りなのでこれから下地を造っていく予定です。


外部は板金屋さんが銅板を貼っていまして、あともう少しで

完成かな?

板金屋さんが銅板を仕上げていってます。(^_^)
Rの部分は手間暇が掛かるのでもう少しかな?

銅板は貼った直後はピカピカしてますが
雨など降って少し時間が経つと落ち着いた色になっていくんですよ。

壁は左官屋さんが漆喰で仕上げていきます。

2019.03.14
大阪主張から首都圏エクステリア協会の 発足式に参加しました。 話しを聞いていて、役員の方々の気持